春は肌トラブルが多発原因をチェックして春ダメージ対策を今すぐスタート♪

いよいよ本格的な春到来!

何かと変化の激しい季節の変わり目は、肌の調子が乱れトラブルが出やすいもの。他の季節に比べて、春は特に肌が不安定になりやすいと言われています。

春に肌トラブルが起こりやすい原因と、その対策をしっかりと押さえておきましょう!

春の肌トラブルの5大要因をチェック!

突然現れるシミやくすみ、小ジワやキメの乱れによる肌のゴワつきなど、春になると肌トラブルに悩まされるという方も多いのでは?

きちんとケアしているつもりでも、いつも以上にトラブルが起こりやすい春。

安定した肌を目指すには、その原因を知ることが大切です◎

まずは肌の不調を引き起こす5大要因について詳しく学んでいきましょう。

pixta_47794784_M-1024x682.jpg

1.紫外線

春先に特に気をつけたいのが、紫外線量の増加です。3月からじわじわと増加し、4月には12月のおよそ3倍にアップ!

肌にトラブルを抱えていたり無防備なままでいると、ダメージをダイレクトに受けてしまうので注意しましょう。

また、紫外線はシミやくすみだけでなくシワやたるみといった肌老化を加速させるのでUVケアは必須!!

日差しが弱くても紫外線量は多い場合もあるので油断は禁物ですよ!

2.乾燥

暖かく過ごしやすい気温の日は増えるものの、湿度はまだまだ低く乾燥した状態が続いています。

頬やおでこはうるおっていても、目元や口元といったケアの行き届きにくいところは意外とカサカサ、なんてことも

細部までしっかりと保湿をして乾燥を防ぎましょう◎

3.花粉

目や鼻の症状だけでなく、肌にも大きなダメージを与える花粉。アレルギー反応を起こすほか、鼻のかみ過ぎや目をこすることも肌荒れの原因になります。

マスクや眼鏡で防備するのはもちろん、毎日のスキンケアや生活習慣で肌のバリア機能を整えて外的刺激に強い肌を目指しましょう!

4.気温差

日中は暖かくても夜はぐっと冷え込むといった気温差が目立つ春。

激しい気温の変化についていけない肌は、水分と油分のバランスがくずれ、乾燥したり皮脂が多くなったり不安定な状態になりがち。

こまめな保湿でダメージを受けにくい肌をキープしましょう◎

5.環境の変化に伴うストレス

職場の異動や引っ越しなど、春はなにかと環境の変化も多くなる季節ですよね。

これらに伴うストレスも肌の調子を乱す一因です。ストレスによるホルモンバランスの乱れは、メラニンの過剰生成を促進してシミの元にもなるので要注意!

今すぐスタート! 春のダメージ対策

春夏を通してうるおった白肌をキープするためには、たっぷりの保湿と、外的刺激を寄せ付けないUVケア、受けたダメージをリセットする美白が必要不可欠です。

3つのケアをセットで行うことにより、それぞれの働きを補い効果を最大限に引き出します◎

pixta_38530822_M-1024x682.jpg

【保湿】肌の土台を作り、バリア機能を整える◎

まだまだ湿度が低く乾燥しがちな春は、肌にたっぷりとうるおいを与えてバリア機能を立て直すことが重要です。しっかり保湿された肌はトラブルを寄せつけず、UVケアや美白にも高い効果を発揮します!

UVケア】肌に有害な紫外線や外的刺激を徹底ブロック!

日ごとに増加する紫外線を徹底的にブロックし、花粉などの外的刺激から肌をガードすることで、日焼けやシミを防ぐだけでなくバリア機能を健やかにキープすることができます◎

【美白】強力な集中アタックでシミの連鎖をストップ!!

春になると、冬に受けたダメージが紫外線や花粉の刺激でシミになってしまうことも。でき始めのシミもがんこなシミも集中美白で一掃し、夏に持ち越さないようにしましょう!

こまめな肌チェックと三位一体ケアで春ダメージに負けない肌作り♪

pixta_40320893_M-1024x682.jpg

肌トラブルの原因がいくつも重なる春は油断のできないシーズンです!

普段以上にこまめな肌のチェックを心掛けましょう◎ 加えて保湿、UVケア、美白の「三位一体」のケアで、春から夏にかけてのさまざまなダメージを跳ね返す強く美しい肌をキープしていきましょう!!

お肌のキメや透明感がない…

化粧ノリが悪い…

顔色が暗くなった…

なんだかパッとしない…

 

など、このような肌悩みはありませんか?

 

 

 

 

それ、お肌のくすみが原因かも…🌪

 

くすみといっても原因は一つではありません。

 

くすみが起こる原因はいくつかあるのです。

 

くすみの原因や対処法などを知り、
くすみ肌の改善や予防をしていきましょう‼️

 

 

 

くすみの原因とは?

 

 

くすみの原因は大きく分けて5つ。
ひとつひとつ原因と対処法を見ていきましょう!

 

 

 

▫️乾燥によるくすみ

 

 

肌の表面が乾燥してしまうと、キメの乱れやハリの低下から、顔に影ができるように感じます。

 

乾燥くすみの人は、バリア機能が低下している傾向にあります。
肌が灰色っぽく見えたり毛穴の目立ちや、季節の変わり目に肌荒れしやすい傾向が。

 

 

🔸乾燥によるくすみの対策

 

・加湿器で空気の乾燥を予防
・スキンケアの徹底
・保湿効果の高い化粧品を使う

 

 

 

▫️血行不良によるくすみ

 

 

ストレスや疲れ、運動不足、加齢などから引き起こるくすみ。
血行不良になることで、青っぽくくすんだ印象に。
目の下にクマができやすい人や冷え症やむくみやすい人も血行不良が原因かもしれません。

 

 

🔸血行不良によるくすみの対策

 

・適度な運動を心がけ、代謝UP!
・マッサージやストレッチをする
・お風呂に浸かる

 

 

 

▫️メラニンによるくすみ

 

 

紫外線を浴びたり、摩擦の刺激によってメラニンの過剰な生成により、茶色っぽいくすみが。

クレンジングなどで、必要以上に力を入れたり、
紫外線を浴びることが多い方は要注意‼️

 

 

🔸メラニンによるくすみの対策

 

・クレンジングや洗顔で力を入れすぎない
・日焼け防止のため、日焼け止めの徹底
・日差しの強い日には日焼け防止グッズの使用
・メラニンの生成を抑える化粧品を使う

 

 

 

▫️角質によるくすみ

 

肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が排出されず、角質が蓄積した状態が原因。

 

角質が厚くなることにより、肌の透明感がなくなりごわつきやすく、灰色っぽいくすみに。

 

 

🔸角質によるくすみ

 

・定期的にピーリングをする
・正しい洗顔・クレンジングをする
・食事のバランスを整える
・質の良い睡眠が取れるよう心がける

 

 

 

▫️糖化によるくすみ

 

お米や麺類・砂糖など糖類が蓄積にされ、肌のタンパク質と結びつき、AGEs(最終糖化再生物質)が生成されることで肌が黄色っぽいくすみに。

 

 

🔸糖化によるくすみ対策

 

・体の糖化を抑制する食生活を心がける
・野菜から食べて糖の増え方を抑える
・低糖質のものを選ぶ
・食後1時間以内に運動する

 

 

 

くすみを改善する食べ物

 

 

 

 

食べ物を意識することもくすみの改善に‼️

 

最近くすみが気になる…
くすみが出る前に予防したい…

 

そんな方は必見‼️
このような食べ物を意識してみましょう💭

 

 

・リコピン

 

トマト・スイカ・さくらんぼ など…

 

 

・ビタミンC

 

いちご・みかん・レモン・ケール など…

 

 

・ビタミンE

 

ナッツ類・アボカド・かぼちゃ など…

 

 

・βカロチン

 

にんじん・ほうれん草・豆苗 など…

 

 

・L-システィン

 

チーズ・牛乳・ナッツ類・サーモン など…

 

 

・アスタキサンチン

 

さくらえび・サケ・いくら など…

 

 

・タンパク質

 

卵・豆腐・納豆 など…

 

 

・鉄分

 

レバー・あさり・カツオ など…

 

 

・セラミド

 

小麦・黒豆・米・大豆 など….

 

 

 

お家でできるくすみケア

 

 

上記のそれぞれのくすみの対策でもご紹介しましたが、手軽にできるくすみ対策を改めてご紹介!

 

 

▫️週に一度のピーリング

 

メラニンくすみは、外へ排出するケアが大切です。
週に1度のピーリングで、角質を取り除き、メラニンが蓄積してしまわないよう心がけましょう!

 

 

▫️オススメ!ビタミンC導入液をスキンケアにプラスワン!

 

お肌に居座っているメラニンには、美白有効成分配合やビタミンC誘導体が含まれたスキンケア用品が効果的!
お肌のターンオーバーを助ける働きがあるのだす。

 

 

▫️こまめに日焼け止めの塗り直し

 

お肌のくすみを予防するには、オールシーズンの紫外線対策が大切です。
夏の太陽が照り付ける時期だけではなく、他の季節でも紫外線は降り注いでいるのです…
日頃から日焼け止めをこまめに塗るなど紫外線対策を行うようにしましょう!

 

 

 

▫️化粧水の潤いに蓋をする美容液・乳液を!

 

 

乾燥くすみが気になる方は特に。

 

化粧水を塗ったあとには乳液で蓋をして水分を閉じ込めてあげることが大切です。

 

 

▫️シートマスクでしっとり肌に!

 

 

乾燥が気になるときにはシートマスクでスペシャルケアを。

 

お肌の水分・油分のバランスを整えて、バリア機能を高めていきましょう!

 

 

 

メイクでできる✨くすみカバー!

 

 

 

くすみ改善を意識していても、すぐにくすみがなくなるとは限りません…

 

そんな時はメイクでくすみカバー!

 

 

顔全体のくすみには”コントロールカラー”で顔色を整える!

 

顔のくすみの色によって、コントロールカラーの色を使い分けましょう。

・グレーっぽくくすんでいる場合 →イエローのコントロールカラー

・青黒くくすんでいる場合 →ピンクのコントロールカラー

・黄色っぽくくすんでいる場合 →パープルかブルーのコントロールカラー

・茶色っぽくくすんでいる場合 →オレンジのコントロールカラー

 

 

 

 

いかがでしたか??

 

くすみが気になる・予防したい

 

という方は自分のくすみの種類を理解し、自分に合わせたくすみ改善・くすみカバーをしていきましょう‼️