こんにちは!

よく腸内環境は美容にとっても健康にとっても

大事なこととは度々ブログでもお伝えさせて頂いております。

今回は、健康にも美容にも影響がある

腎臓の働きをお伝えさせて頂きます。

 



~もくじ~

腎臓とは

主な腎臓の働き

腎機能が低下すると
・美容
・健康

腎臓の機能を良くさせるには


 

 

腎臓とは

腎臓は腰のあたりにあり、ソラマメ形で握りこぶしほどの

大きさで尿を作る臓器だとよく知られていますね。

老廃物をだすということで美容にとっても大事なところ。

そして普段あまり意識をしない臓器ですが

胃腸のように弱くなると痛みがでることはなく

「沈黙の臓器」のひとつであり症状が出たころには

かなり悪化している状況だと言われ健康面でも気になるところですね。

 

 

 

主な腎臓の働き

①老廃物や余分な水分などをろ過・排泄

②体内環境を一定のバランスに保つ

③血液をつくる働きを助ける

④血圧を調節する

⑤ビタミンD活性化

 

 

①老廃物や余分な水分などをろ過・排泄

血液をろ過して老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出してくれます。
また、体に必要なものは再吸収し、体内に留める働きをしています。

 

②体内環境を一定のバランスに保つ

体液量やイオンバランスの調節
体内の体液量やイオンバランスを調節したり、体に必要なミネラルを体内に取り込む役割を担っています。
腎臓が悪くなると体液量の調節がうまくいかないため、体のむくみにつながります。
また、イオンバランスが崩れると、疲れやめまいなど、体にさまざまな不調が現れることがあります。

 

 

③血液をつくる働きを助ける

エリスロポエチンを分泌し骨髄で赤血球が作られるようにする
血液(赤血球)は骨髄の中にある細胞が、腎臓から出るホルモン(エリスロポエチン)の刺激を受けてつくられます。
腎臓の働きが悪くなると、このホルモンが出てこなくなってしまうため、血液が十分につくられず貧血になることがあります。

 

④血圧を適切にコントロール
塩分と水分の排出量をコントロールすることによって血圧を調整しています。
血圧が高いときは、塩分と水分の排出量を増加させることで血圧を下げ、血圧が低いときは、塩分と水分の排出量を減少させることで血圧を上げます。
また、腎臓は血圧を維持するホルモンを分泌し、血圧が低いときに血圧を上げます。
腎臓と血圧は密接に関係し、腎臓の働きの低下によって高血圧になることもある。

⑤ビタミンDを活性化してカルシウムの吸収を促し、骨を丈夫にする
カルシウムを体内に吸収させるのに必要な活性型ビタミンDをつくっています。
腎臓の働きが悪くなると活性型ビタミンDが低下し、カルシウムが吸収されなくなって骨が弱くなるなどの症状が出てきます。

 

 

腎臓の機能が低下すると⬇️

【美容】
余分な水分が体内に溜まってしまい体全体がむくんでしまいます。もちろんお顔のむくみやまぶたもむくみます。
そして体内の水分をうまく保てなくなったり、血液がドロドロになります。
その結果、血行は悪くなり、体温も下がり、基礎代謝まで下がることでお顔がくすんできたり目の下のクマにも繋がったり悪循環に陥ってしまいます。
新陳代謝が落ちてしまうので肌や髪の生まれ変わるスピードも落ちます。
あらゆる肌トラブルや水分保持が出来なくなるためお肌を乾燥させてしまう原因にもなり、お肌だけでなく髪のメラニン色素をうまく働かせることができなくなるため、白髪も増えやすくなり、髪のトラブル抜け毛や白髪の原因にも繋がります。

 

【健康】

・血中のリンが過剰になると

血中カルシウムが低下し、甲状腺機能上昇し骨からカルシウムを奪ってしまいます。つまり骨が弱くなります。ほかにも、骨の痛み、痒み、組織の石灰化。心臓の病気など

 

・高カリウム血症になると

むくみ出現。手足のしびれ。不整脈。

 

・高窒素血症(たんぱく摂取過剰)

糸球体のろ過機能低下

→尿素窒素、クレアチニン、尿酸上昇。

食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、口内炎

 

 

・末梢神経症状

むずむず脚症候群、あしのほてり、

皮膚、粘膜の色素沈着、かゆみ、痛風、眼の症状。

 

・薬剤性腎障害

鎮痛剤、降圧剤、抗生物質、抗ガン剤など

プロテイン過剰摂取なども

 

・慢性腎臓病

発症すると、透析(1回4時間、週3回)または腎移植など

 

 

 

腎臓の機能をよくさせるには

①水分補給

尿をつくる腎臓の負担を軽くするために水分は十分に取りましょう。

暑い日や運動時は、特にこまめに水分補給をしましょう

 

 

②食事

・食塩量の多い食べ物に注意

・タンパク質のとりすぎ

・カリウムの摂取量に気を付ける

・過剰なスナック類や揚げ物、フライなどの油分摂取

食塩・カロリー・たんぱく質・カリウムの摂取のしすぎは

腎臓に負担をかけてしまいます。

 

③タバコ

タバコと聞くと肺が悪くなるイメージですが
タバコに含まれるカドミウムが入ることで

そういった有害なものを解毒するために
肝臓が使われたり、タバコを吸うと血液がドロドロになるというのも

カドミウムの成分で酸化させてしまう成分があるので
血液がドロドロになるじゃあ腎臓は、血液のフィルターなので

腎臓も悪くなる。

 

④ツボ押し

・薬を飲んでいる方

然谷というツボを押してみてください。

そのツボを押して痛いか痛くないかで刺激するツボが変わります。

(然谷に圧痛)

復溜 陰谷 兪府

つぼの取り方↓

(然谷に圧痛なし)

築賓 兪府 肩ぐう

ツボの取り方↓

 

 

・高血圧の方

百会

・低血圧の方

しん会

ツボの取り方↓

 

 

腎臓は一度悪くなってしまうと

元に戻すには中々難しいと言われています。

今、症状がない方でも身体の健康や美容のために意識をしましょう

皆さん、甘い食べ物はお好きですか?

チョコレートやケーキ、パンなど甘いものの代表から

『糖』とは甘い物だけが全てではありません。

 

日本人なら誰もが日常的に食べているごはんやパン、うどん、そば、ラーメンといった炭水化物すべてが糖質であり、

米や小麦粉を原料としたせんべいやおかきはもちろん、甘味のある果物や根菜などの野菜類にも多くの糖が含まれています。

 

そこで、

今回が断糖で健康や美容を維持する秘訣をご紹介します。

 

目次

1⃣そもそも糖質とは??

2⃣糖質の怖い罠

3⃣断糖で体の病気や症状も改善される!?

4⃣断糖でダイエットも可能??

5⃣糖が細胞の老化を促し老け顔を引き起こす

6⃣断糖で人生を変える

 

 

1⃣そもそも糖質とは??

 

私たちの体は食べ物によって作られています。

食べ物に含まれる栄養素が人体を組成して、体内調整をしながら健康を維持してくれています。

頭や体を動かすことができるのも栄養があるお陰です。

現代の栄養学では人間が生きていくために必要な栄養素のうち、

特に重要だと言われているものを『三大栄養素』といいます。

3つの栄養素とはタンパク質・脂質・そして糖質=炭水化物のことです。

 

それぞれの役割として

タンパク質は体をつくるために必要な栄養素

体内でアミノ酸に分解され、筋肉や骨、臓器、血液、皮膚、髪の毛、爪など、あらゆる部位をつくる主要成分です。

 

生きている限り、私たちの細胞は常に生まれ変わるので、

もしタンパク質が不足すれば新陳代謝は悪くなり、元気や若々しさを維持するための体機能も低下することになります。

また、タンパク質はあらゆるホルモンの材料となり、さらには代謝や消化を助ける酵素の原料にもなるため、いつでも満たしておかなければならない大事な栄養素と言えます。

 

次に脂質は健康を維持するための重要なカギを握っています。

私たちの体には約60兆個の細胞があり、その一つ一つは細胞膜によってまもまれていますが、その材料となるのが脂質です。

また脂質はホルモンや赤血球のヘモグロビンの材料にもなり、柔軟な血管作りにも

一役買っています。

タンパク質も脂質も私たちの体の中で重要な役割を果たしています。

では糖質はどうでしょうか?

 

糖質は体内に入って肝臓でブドウ糖に変わりエネルギー源になるだけで

エネルギー以外に利用価値がありません。

現代の私たちの体は糖質を食べなくてもエネルギー不足に陥るころはありません。

 

 

2⃣糖質の怖い罠

 

糖質は甘くて美味しい、ご飯などの炭水化物も噛んでいれば甘味が出てついつい食べてしまい食べ過ぎてしまいます。

糖にはやめられない中毒性があります。

糖を食べると、脳内にエンドルフィンという快楽物質が分泌されます、

これが幸せな気分になり満足感や快楽を得られることによって炭水化物=おいしいとやみつきになって罠にはまってしまいます。

 

 

3⃣断糖で体の病気や症状も改善される!?

 

断糖によって改善、予防できるものとして

高血圧、倦怠感、リウマチ、うつ病、がん、

アトピー性皮膚炎、交感神経の緊張、老化の防止、食後の眠気など

寿命や健康を阻害する病気や症状から解放され長く健康に生きられます。

 

 

4⃣断糖でダイエットも可能??

 

昨今、さまざまなダイエット情報が蔓延しています。

バナナダイエット、りんごダイエット、キャベツダイエットなど

さまざまな情報の中で安易な手段として

カロリーをチェックして食べる量を減らす方法を選択してしまいがちです。

こうしたダイエットは決してうまくいくことなく、空腹に耐えきれずすぐに断念することになり、体重が落ちたとしても必ずと言っていいほどリバウンドして元の体重に戻ってしまうことになりかねません。

それどころか余計痩せにくく太りやすい体質を作ることになるのです。

 

間違ったダイエットをすれば顔色が悪くなったり、老け顔になることも体調が悪くなり思いがけない病気に繋がることもあります。

ダイエットの目的は体重を落とす事ではなく、肥満のもととなる体脂肪を落とすことにあります。

 

【断糖ダイエット3か条】

①糖質をカット

体脂肪の材料を取り除き、体脂肪を消費する

 

②動物性たんぱく質を摂って筋トレをする

痩せやすい体の基礎をつくる大事な材料をとる

筋肉を増やして基礎代謝アップ

 

③有酸素運動をする

ジョギングや水泳などの有酸素運動で体脂肪を効率的に燃焼する

 

体脂肪の主な材料となる糖質を体内から取り除けば、体脂肪を新たに作ることが出来なくなります。

体内に入った糖質は肝臓でブドウ糖に変換され、エネルギーとして消耗されるか

もしくは体脂肪となって体に蓄積されます。

糖質を摂らなければ体脂肪を原料にしてエネルギーを作り、体脂肪を燃焼させることになります。

 

 

5⃣糖が細胞の老化を促し老け顔を引き起こす

 

糖化物質AGEsの影響ををもっとも受けやすいのは体内のコラーゲンです

コラーゲンはタンパク質の1種でもありますから、タンパク質が糖と結びつく糖化することで多大な被害をこうむります。

糖化するとコラーゲン本来の弾力性が失われて、張力もダウン。

肌のハリや弾力を保っているのはコラーゲンですので、これが糖化すれば肌はカサカサに乾燥してシワが増えることになり、次第にほうれい線がくっきりと刻まれ皮膚もたるみがちになるなど実年齢よりも老け顔に見られることになりません。

身体中に張り巡らされる血管にとてもコラーゲンは重要です。

AGEsによってコラーゲンが破壊されれば、柔軟性もしなやかさも失い、血管がもろくなります。すると血流が悪くなり、血栓ができる可能性も高くなります。

脱AGEsで肌や血管が若返る

 

 

6⃣断糖で人生を変える

断糖食5つのルール

①間食・デザートはやめる

②ご飯・パン・麺類が食べない

③動物性脂質は出来るだけカット

④野菜は添える程度でOK

⑤果物は食べない

 

人は食べ物によって作られていて、健康や美容に直結しています。

ご参考に生活習慣をみなおしてみてはいかがでしょうか?

こんにちは

女性の肌悩みでトップ3に入るのが『目元のクマ』👀

 

 

🔸そもそもクマとは…??

 

 

目のクマ(隈)とは
目の周りが黒ずんでいる状態です👁

肌のたるみ・老け顔・ドライアイなど…
の症状とも深い関わりがあります💦

なかなか厄介ですよね……😖

由来としては、歌舞伎の「隈取」から来ています。

 

 

🔸クマの種類

 

 

 

 

🟤茶クマ

目の下が茶色くくすんで見えるクマ。主にメラニンが原因。

 

 

🔵青クマ

目の下が青黒く見えるクマ。青く見えるのは血管が透けているため。

 

 

⚫️黒クマ

目の下にくぼみが出来、その影がクマのように見えている。皮膚のたるみが主な原因。

 

 

🔸クマの原因は???

 

 

🟤茶クマ
【原因】色素沈着

茶クマの原因は紫外線🌞

または皮膚への刺激による色素沈着です。

 

つまり、普段から激しく目を擦ったりしてしまっている場合はこのクマができる確率が高まります。

 

花粉症やアレルギーの方、そして女性の場合メイク落としの際に目を擦っていないか要注意です!⚠️

また、小さなシミが集まることでも茶クマに見える場合があります。

 

 

🔵青クマ

【血行不良】

青クマは血行不良が原因でできるクマのため、冬場は青クマのある人が急増するとも言われています⛄️❄️

 

目の下の皮膚は顔の中で一番薄い部分なので、血管が浮き出て目立ってしまうのです。また、青クマができやすい人には冷え性・頭痛持ちの人が多いとも言われています!

 

 

⚫️黒クマ

 

【肌のたるみ】

黒クマは、上の2つとは違って皮膚の色自体が変わっているわけではありません。影が黒く目立っているだけです。加齢によってハリのなくなった皮膚はだんだんたるんできて、その下に影を落とします。コラーゲンの減少なども原因の1つです。

 

【眼窩脂肪】

「眼窩脂肪が飛び出てくる」というのも黒クマの原因になります。

眼窩脂肪とは、目の周りにある眼輪筋という筋肉の内側にある脂肪のこと。

眼輪筋がゆるんでくると、それに伴い眼球の重さに耐えきれなくなった眼窩脂肪が飛び出てきます。

 

この飛び出た眼窩脂肪の下にできる影が黒クマです。

 

 

 

🔸クマの見分け方は??

 

 

ズバリ『目尻を優しく引っ張る』!!
すっごく簡単ですよね😋

 

『目尻を優しく引っ張る』だけで
みなさんのクマが何クマかわかってしまうのです‼️

 

 

🟤茶クマの場合、引っ張るとクマも皮膚と共に動きます。

🔵青クマの場合、茶クマとは逆で、クマは動かず皮膚のみが引っ張られます。

⚫️黒クマの場合は、引っ張るとクマ自体が消えてしまいます。

 

 

 

 

 

🔸クマを解決

 

 

🟤茶クマ
【保湿】

色素沈着の原因は皮膚そのものです。
茶クマ解消には皮膚を新しいものに生まれ変わらせる「ターンオーバー」が必要となってきます。

保湿をすることでターンオーバーが促されるため、まず第一にやることと言っても過言ではありません!

乾燥すればするほど肌はくすんでいきます💦

 

 

【ビタミンCの摂取】

ビタミンCもターンオーバーに有効なものの1つで、食べ物ではレモンやアセロラ、キウイフルーツなどを摂取するのがおすすめです。

 

 

【紫外線対策】

紫外線は茶クマに直結する原因

というのも、紫外線から肌を守ろうとして過剰に作られた”メラニン色素”が沈着してしまうからです。

 

そのため夏🌞🌴🌺だけでなく、

年中紫外線対策をしっかりしておけばかなりの確率で茶クマが防げると

思われます。

 

特に男性は紫外線に無頓着なことが多いですが、

 

日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりするだけでも全然違うものですよ。

 

 

🔵青クマ

【温活】
温活とは、身体を冷やさないための生活習慣のこと。

 

現代人は昔の人よりも基礎体温が低い傾向にあるため、

実は冷え性ではない人も意識して体温を上げることが必要なのです。

 

積極的な運動、しっかり入浴する、冷たいもの・甘いものは控えて

タンパク質やミネラルを摂るといったことで改善することができます。

 

 

【カシス】

カシスは青クマに悩むあなたたちの救世主。

カシスに含まれるポリフェノール「アントシアニン」が

血の巡りを良くしてくれるのです!

即効性も抜群で、カシスのドリンクを飲んだおよそ90分後に血流量の増加と

クマの改善が見られたという実験結果もあります。

まさにスーパーフルーツですね

 

 

【マッサージ】

・リンパマッサージ……指で耳の前後を挟み、円を描くように押す。

・鎖骨マッサージ……こめかみのあたりから鎖骨を撫でるように押す。

・四白マッサージ……瞳から親指の太さほど真下に行った部分を優しく押す。

四白とは目の周りの血行を良くするツボなので、

青クマ解消には持って来いですね。

 

 

⚫️黒クマ

【目の筋肉トレーニング】

黒クマは筋トレで解決できます。

目をぎゅっと5秒間閉じたあと、ゆっくりと大きく目を開く、

といったエクササイズが効果的です。表情筋や眼輪筋を鍛えることで、

皮膚のたるみをなくすのが目的です。

 

また、茶クマの項で挙げた保湿や青クマの項で挙げたマッサージは

黒クマにも有効です〇

茶クマ・青クマに気をつけていれば自然と黒クマ予防にもなるということですね。

 

 

 

🔸サロンメニュー🧡💚💜

 

 

▪️ハーブリプロ

 

 

 

《内容》

陶器肌を目指される方にオススメ。
淡水海綿(スポンジア)という、特殊なミクロの針の役割をする成分が、

角質細胞を刺激することで皮膚細胞を活性化。

 

古い角質を除去し、新しい肌を再生させます。

 

トータル50分 円初回18,000円(税別)

 

《こんなお悩みの方にオススメ》
にきびケア
若返り
美白
陶器肌

 

 

▪️フェイシャルビューティコース

 

 

 

《内容》
背中マッサージ

デコルテ・お顔のクレンジング

マッサージ

ヘッドマッサージ

美容液パック

 

トータル70分 3,000円(税別)
※2回目以降5,000円(税別)

 

 

《こんなお悩みの方にオススメ》
たるみ
むくみ
くすみ

 

 

▪️フォトトリートメントコース

 

 

 

《内容》
クレンジング

美容液パック

マッサージ

美白パック

沈静

ヘッドマッサージ

フォト

 

トータル70分 8,500円(税別)

 

 

《こんなお悩みの方にオススメ》
ターンオーバー促進
若返り
たるみ
美白

 

 

▪️ヒト幹細胞スプレー

 

 

《内容》
ヒト幹細胞培養液をお顔にシュー吹きかけます。

お客様の肌トラブルに合わせた美容液をお選び致します。

トータル10分 初回1,000円(税別)
※2回目以降2,000円(税別)

 

《こんなお悩みの方にオススメ》
全ての肌トラブルにら対応

 

 

当サロンはお客様おひとりおひとりにあったメニューを

ご提案させて頂いております🤲

 

 

#ConditioningLoungeM&A #滋賀エステ #大津膳所
#エステサロン #美容 #肌質改善 #ニキビ #ニキビ跡 #引き締め

 

 

こんにちは🌞

本日は実際にスタッフも悩んでいたことがある…
お客様のお悩みや誰しもが一回は経験したことがある、『 ニキビ 

主な原因をご紹介‼️

 

 

1️⃣栄養バランスの偏り

 

お肌のトラブルは、栄養バランスが乱れた結果とも言われます!

 

ニキビにも深く食生活が関係していて、
脂っこい食事❌インスタント食品❌
甘いスナック菓子やチョコ等の食べ過ぎ
は特に注意が必要!!

 

脂肪分・糖分は皮脂の栄養となりやすく、

過剰にとると皮脂の分泌も増加( ; ; )
皮脂が毛穴に溜まり、ニキビを引き起こす原因にも!

 

ただカロリーを抑え過ぎる過度なダイエットも、肌に栄養が行き渡らずに荒れたり、ニキビができやすい状態にもなります。

やはり大切なのは肌やからだを育む栄養を考えながら、バランスよくしっかりと食べる習慣が最も大切と言われます🌿

 

 

2️⃣乾燥

 

乾燥からできる大人ニキビ!
これはお聞きになったことがある方も多いのではないでしょうか??

ニキビができるのは、オイリーな肌に限られているわけではありません!

10代の思春期ニキビの大きな原因は、過剰に分泌された皮脂ですか
20歳以降の大人ニキビは、乾燥した肌にできやすくなります…。

 

 

 

 

例えば「乾燥するのに肌がベタつく」というのも、

大人のニキビ肌によくある症状。

 

肌の表面が乾燥すると、皮膚の機能がうるおいを守ろうとしてたくさんの皮脂を出すように働くからです!

そして、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビができるということに…。

 

 

また、乾燥した肌はターンオーバーの乱れから角質が硬く厚くなり、
毛穴を狭めてしまうため、ますます皮脂が詰まりやすい状態になります。

ニキビだからといって皮脂を取り除くと、ますます乾燥に傾く大人の肌。スキンケアやサプリメントで肌の内側と外側から乾燥対策を徹底。うるおう肌を育む習慣でニキビも予防できます。

 

 

3️⃣睡眠不足

 

 

 

睡眠中にダメージを修復する肌。
眠りは健やかな肌のカギです。

忙しくて睡眠不足になったとき、ニキビができることが多いのではないでしょうか???

 

夜更かしや眠りが浅い、また就寝時間が日によってまちまちという場合もニキビのリスクが高くなります💦

寝不足が続くと、修復がうまくいかずにターンオーバーにも影響
古い角質が残ったままになり、毛穴の詰まりとニキビの原因になります!

22時〜2時の間にはできるだけベッドの中へ
早寝早起き、規則正しい睡眠がニキビに悩まない肌へのカギと言えます。

 

 

4️⃣ホルモンバランス

 

 

ホルモンが関係している
女性や思春期特有のニキビ。

 

生理の前にきまってできるニキビ
思春期ニキビには、ホルモンバランスが影響関係あります!

 

性別に関係なく、私たちは体内に男性ホルモンと

女性ホルモンの両方を持っています。

 

男性ホルモンの中には皮脂の分泌を促す働きがあり、生理前には活発に!
毛穴のまわりの皮膚を厚くする⻩体ホルモンも同時に活発になり、

バランスが崩れ、毛穴が詰まりやすい状態になっています。

 

また、思春期にニキビができやすいのは、成長期でホルモンバランスが崩れやすく、皮脂の分泌が増えることが原因⚡️

ストレスや食事などで乱れやすいホルモンバランス、

生活習慣を見直して意識的に整えることが重要です。

 

5️⃣紫外線

 

 

肌の大敵・紫外線は、
ニキビにも大きなダメージ⚡️

ニキビができやすい肌はいつもより敏感!

 

紫外線によるダメージもより強く感じてしまいます。
皮脂は紫外線を浴びることで毛穴が詰まりやすい状態になり、
重ねてアクネ菌が分泌するボルフィリンに紫外線が当たると

大量の活性酸素が発生!

 

ニキビをさらに炎症させていきます

 

ニキビは日焼けするとシミになりやすいこともあり、
徹底した紫外線対策が必須⭕️

肌にやさしいタイプの日焼け止めとあわせて、
活性酸素を取り除くビタミンCやビタミンB2を補う内側からのケアも忘れずに!

 

 

6️⃣間違ったケア方法

 

洗いすぎやゴシゴシは
かえってニキビの原因⚡️

肌にいいと思っていたスキンケアやお手入れが、
実はニキビを進行させていることも…💦

 

たとえば、脂っぽい肌をすっきりさせようとして1日に何度も洗顔するのは禁物❌

必要なうるおい成分まで落として角質が厚くなったり肌が余計に皮脂を出そうとして、かえってニキビができることがあります。

そのほかクレンジングが不十分な場合も、メイクが毛穴に残って、

ニキビをつくる原因❗️

 

 

 

 

肌にとって、こするなどの刺激もよくありません❌
メイクやマッサージの時に強くひっぱったり、またニキビを触るのも炎症の元に。

油分の多いスキンケアやファンデーションも毛穴をふさぎ、

詰まらせることでニキビを誘発します。

 

メイク用のブラシやパフも雑菌がつきやすいのでいつも

清潔にして使いましょう!
毎日正しいお手入れを重ねることが基本です!

 

 

毎日何気なく行う習慣や食べ物が原因となることも多いので

今一度見直してみてはいかがでしょうか??

 

 

#ConditioningLoungeM&A #滋賀エステ #大津膳所 #お肌の改善

#お肌でお悩みの方 #ニキビ