乾燥肌を防ぐ食べ物は?
2018年11月05日

いつも

Conditioning  Lounge  M&A

ご利用いただき、
誠に、ありがとうございます!

 

こんにちは

 

 

最近はお肌の乾燥が気になるお客様が多いです

そこで乾燥肌を防ぐための食べ物を

大きく分けて6つお伝えします!!

 

 

 

①ビタミンA

ビタミンAの効果はターンオーバーを活発にし、皮脂膜や天然保湿因子の

生成を促して、皮膚や粘膜のうるおいをキープします。

食材

レバー、うなぎ、卵、ほうれん草や人参などの緑黄色野菜

油と一緒にとると吸収率がたかまるので、オリーブオイルなどの油で炒めたり

肉と一緒に食べるようにしましょう!

長時間水に浸したりゆでたりすると、水と一緒に栄養素が流れ出てしまう可能性がありますので、必要以上に洗わず、さっとすすぐ程度にしましょう

 

 

 

②ビタミンB群

ビタミンB群でも、とくにビタミンB2とB6が良いです!!

糖質や脂質の代謝を促進し、細胞の再生や健康な皮膚成長を助けるため

不足してしまうと、ターンオーバーが乱れ乾燥やニキビなどの

肌荒れが起きやすくなったり、シミの元になります。

タンパク質の代謝に欠かせないビタミンB6は、

ホルモンバラスを整える働きがあります。ホルモンバランスの乱れは

肌トラブルを招くので積極的に摂りましょう!

 

食材

ビタミンB2は、レバー、豚肉、うなぎ、納豆など

ビタミンB6は、レバー、さんまやまぐろなど魚類、卵、大豆など

 

 

③ビタミンE

血液の循環を促進して、肌の新陳代謝を活発にし

乾燥肌を防ぎます。

肌のバリア機能を高め肌にハリやツヤがでるといった効果もできます。

高い抗酸化作用があり、細胞へのダメージを防ぎます。

食材

ごま、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボカド、すじこ、あんこうの肝

 

 

④ビタミンC

体内の活性酸素を分解して肌へのダメージを防ぐほか

お肌の弾力を担うコラーゲンの生成を助け、肌のターンオーバーを整える。

食材

いちごやキウイなどのフルーツ、野菜

ビタミンCは過熱に弱いので、フルーツや野菜はなるべく生で食べるのが理想的です。

 

 

⑤タンパク質

角質細胞内にある天然保湿因子は、アミノ酸が原料です。

アミノ酸を豊富に含む肉や卵などの良質なタンパク質を摂取しないと

うるおいの素となる天然保湿因子が不足してしまいます。

また、タンパク質はコラーゲンのもととなるので

不足すると肌のツヤやハリもなくなってしまいます。

食材

肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品

タンパク質を分解する役割があるビタミンB6と一緒に摂取すると

効率よく摂取できます。

 

 

⑥オメガ3系脂肪酸

良質な脂質は美容のみかた!!

ホルモンや細胞膜の材料になり、美肌を保ちます。

肌の保湿機能機能を改善するセラミドの材料となります。

食材

アマニオイル、エゴマ油、イワシやサンマなどの青魚

熱に弱く酸化しやすいため、生のまま摂取するのがおすすめです!

 

 

 

ファーストフードやインスタント食品

甘いお菓子などは極力減らして頂き

今回ご紹介させて頂いた栄養素を摂り

保湿力のある美肌を目指していきたいですね

 

他にも気になることがあればスタッフにお気軽にお聞きください♬

 

 

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております♬
👉TEL:077-535-4672👈
http://www.m-and-aki.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Conditioning  LoungeM&A
077-535-4672